診療科目 顎関節症

顎関節症

顎関節症は、次の3つのうち複数の症状があって、日常生活に支障が出ている場合をいいます。

  • 1)以前より、口が開きにくくなった。
  • 2)口をあけようとしたり、閉じようとすると耳の前あたりが痛む。あるいは口を動かさなくても痛い。
  • 3)口をあけると、耳の前の顎関節周辺からカクンと音がする。

 

このような症状はありませんか?

顎関節症の原因は、歯並びや噛み合わせが悪いだけでなく、日常生活において顎の使い方が悪い、慢性の肩こりや腰痛が顎に影響を与えている、歯周病や虫歯の治療で口腔内の環境が変わったため顎に負担がかかっている、など様々です。

 

治療法

治療方法としては様々なものがありますが、症状の程度などにより、薬物療法(筋弛緩剤、消炎鎮痛剤、抗不安薬、漢方薬などの投与)、スプリント療法(上下の歯の間にマウスピースのようなものを夜間装着する)、咬合調整(噛み合わせの異常を修正する)、理学療法(開口訓練、温熱療法、マッサージなど)、また当クリニックでは電気的治療法、針灸治療も併せて行っています。

 

【スプリント療法】

スプリント療法とは、いわゆるマウスピースと呼ばれる装置を用いて噛み合わせを均一にすることで、あごの筋肉や顎関節をリラックスさせる治療法です。症状が緩和したところでクラウンやブリッジ、入れ歯などで噛みあわせを再構築します。またこのスプリントにはいくつかの種類があります。

スプリント

材質
プラスチックの硬い物、若干弾力性のあるもの、軟性のもの(スポーツ用マウスピースとしても使用)など用途にあわせ使い分けします。

【電気的治療(マイオモニター)】