歯の知識 Q&A

歯の知識 Q&A

歯科治療について

<

Q01: 冷たい物が歯にしみるのはむし歯の証拠なんでしょうか?
Q02: むし歯はないと言われたけど、歯が浮いた感じで噛むと、ズキッとするのはなぜでしょうか?
Q03: 親知らずは抜いたほうがよいのでしょうか?
Q04: 子供のむし歯は母親から遺伝すると聞いたのですが?
Q05: 妊娠中に歯科治療しても大丈夫でしょうか?
Q06: 歯医者さんで、感染症などの病気がうつる恐れはないでしょうか?
Q07: 虫歯のできやすい歯ってあるの?
Q08: 歯ぎしりすると歯が痛む?治す方法はあるの?
Q09: 口内炎の予防法はあるの?また、できたときは歯医者さんに行けばよいの?
Q10: 口を開けたり閉じたりするとき、カクンカクンと音がするのはなぜ?
Q11: 自分の歯を移植できるの?それはどんな場合?
Q12: 保険治療と自由診療はどう違うの?
Q13: 現在さまざまな歯磨き剤がありますが、どれがいいのですか?
Q14: デンタルフロスや歯間ブラシを使うと、歯の間がすいてくるって本当?
Q15: 歯の定期検診ってどんなことをするの?
Q16: 歯につまったものを除去するのに、妻楊枝を使ってもいいの?

歯科矯正について

Q01: 歯科矯正を始める年齢はいくつからでしょうか?
Q02: 歯並びが悪いのを、ほおっておくとどうなるのでしょうか?
Q03: 保険は効くのでしょうか?
Q04: 歯列矯正は若い時にしかできないの?
Q05: 矯正の装置の種類は?

白い輝くような歯にするためには?

Q01: いつも出かけるときに歯のマニキュアをしていきます。でもその後は歯茎が腫れてしまいます。
よくないものでしょうか?
Q02: ラミネートベニアという方法を聞いたのですが、どのようなものなのでしょうか?
Q03: 私の歯の色は子供のときから暗いのですが、安全に歯を白くする方法はないでしょうか?
Q04: どんな漂白の方法があるのでしょうか?
Q05: 歯肉が黒いのですが健康なピンク色にすることは出来ますか?

歯科治療について

Q01: 冷たい物が歯にしみるのはむし歯の証拠なんでしょうか?
A: むし歯の場合もありますが、歯周病や知覚過敏の疑いもあります。一度歯科医院で検診されることをお勧めします。
 
Q02: むし歯はないと言われたけど、歯が浮いた感じで噛むと、ズキッとするのはなぜでしょうか?
A: 歯周病、歯肉炎が進行しているかもしれません。すぐに歯科医院にて検診をおすすめします。
 
Q03: 親知らずは抜いたほうがよいのでしょうか?
A: 必ずしも抜く必要はありませんが、親知らずが原因で炎症を起こすことが多々あります。
年をとってから抜くより、若いうちに抜いておいたほうが、抜歯後の予後は良いようです。
 
Q04: 子供のむし歯は母親から遺伝すると聞いたのですが?
A: むし歯はミュータンス連鎖球菌等の感染症によって起こるため妊娠時、また出産後に口移しで食べ物
を与えることで感染する可能性があります。
子供のむし歯予防はもちろんのこと母親のむし歯予防も大切です。
 
Q05: 妊娠中に歯科治療しても大丈夫でしょうか?
A: 安定期にリラックスして行えば、問題はありません。当クリニックでは患者様にリラックスしていただけるように、個室で治療を行います。
 
Q06: 歯医者さんで、感染症などの病気がうつる恐れはないでしょうか?
A: 当クリニックは、スタッフは全員、滅菌手袋やマスクを装備し、器具においても使用後の滅菌消毒は
独立した消毒室で行うため患者様に感染させる恐れは全くありません。ご安心ください。
 
Q07: 虫歯のできやすい歯ってあるの?
A: 生まれつき弱い歯もありますが、歯間、歯と歯肉の境目など、歯垢が残りやすいところに注意して普
段からブラッシングすれば虫歯は防げます。
 
Q08: 歯ぎしりすると歯が痛む?治す方法はあるの?
A: 歯の障害だけじゃなく、肩こりや偏頭痛の原因になる場合もあります。ひどいときはマウスピースな
どをしてみてはいかがでしょう。
 
Q09: 口内炎の予防法はあるの?また、できたときは歯医者さんに行けばよいの?
A: まずは口腔内を清潔にして、ストレスをためない、睡眠や栄養を十分に、などを心がけてみましょう。
 
Q10: 口を開けたり閉じたりするとき、カクンカクンと音がするのはなぜ?
A: あまり神経質になる必要はありませんが、顎関節症の疑いもあります。
 
Q11: 自分の歯を移植できるの?それはどんな場合?
A: 患者さんの条件にもよりますが、健康な親知らずなどを抜歯した歯の部位に移植することも可能です。
 
Q12: 保険治療と自由診療はどう違うの?
A: 矯正治療やインプラントなど、健康保険対象外の治療や材料を使用すると自由診療になります。
 
Q13: 現在さまざまな歯磨き剤がありますが、どれがいいのですか?
A: 基本的には歯磨き剤よりも磨き方のほうが重要です。
 
Q14: デンタルフロスや歯間ブラシを使うと、歯の間がすいてくるって本当?
A: 歯肉が引き締まった状態に戻るので、そのように感じてしまうだけです。
 
Q15: 歯の定期検診ってどんなことをするの?
A: 虫歯の有無や歯周病の進行具合をチェックします。
 
Q16: 歯につまったものを除去するのに、妻楊枝を使ってもいいの?
A: 使うならデンタルフロスや歯間ブラシをお使いください。スーパーや薬局でもお買い求めになれます。
 

歯科矯正について

Q01: 歯科矯正を始める年齢はいくつからでしょうか?
A: 一般的には永久歯が生えそろった後の10代から始めますが、30~40代でも可能です。
 
Q02: 歯並びが悪いのを、ほおっておくとどうなるのでしょうか?
A: 歯並びや、かみ合わせが悪いと虫歯になりやすく、発音や顎関節症の原因になることも考えられます。
 
Q03: 保険は効くのでしょうか?
A: 残念ながら現在の保険制度では一般的な矯正治療は保険外になります。
 
Q04: 歯列矯正は若い時にしかできないの?
A: 大人でもできますが、早いほど効果の上がる場合が多いでしょう。
 
Q05: 矯正の装置の種類は?
A: 金属製のブラケットや透明なセラミックブラケットのもの、
また、歯の裏側につけるタイプもあります。
 

白い輝くような歯にするためには?

Q01: いつも出かけるときに歯のマニキュアをしていきます。でもその後は歯茎が腫れてしまいます。
よくないものでしょうか?
A: ご自分で塗る歯のマニキュアは、歯の表面を荒れたままにするので汚れが付きやすくばい菌の温床と
なります。歯や歯ぐきには非常に良くないものなので、おやめになったほうがよいでしょう。
 
Q02: ラミネートベニアという方法を聞いたのですが、どのようなものなのでしょうか?
A: ラミネートペニアという方法は、歯の表面を少しだけ削除して、うすいポーセレン(せと物)を作り
、歯の表面に特殊な接着剤で張り付けるものです。はがれやすいのが欠点です。
 
Q03: 私の歯の色は子供のときから暗いのですが、安全に歯を白くする方法はないでしょうか?
A: 1番お勧めするのは、アメリカでは一般的な歯科医が行う歯を一切削らない『ホワイトニング』です。
 
Q04: どんな漂白の方法があるのでしょうか?
A: 病院で行う”オフィス・ホワイトニング”と、患者さんが家で行う”ホーム・ホワイトニング”があります。当医院ではアメリカから輸入した”ホーム・ホワイトニング”をお勧めしています。
病院へ通う必要もなく、家で手軽に効果的に行うことが可能です。
 
Q05: 歯肉が黒いのですが健康なピンク色にすることは出来ますか?
A: 当医院では、麻酔も必要とせず痛くない、患者さんにとってとても楽な手術方法を行っています。
ただし、もともと歯肉が黒いのは不健康なわけではなく、少しずつ長い時間をかかりながら多少の後戻りがあります。