診療科目 歯周歯科

歯周病科

口臭が気になる。歯肉が腫れる。血が出るといった症状はありませんか。
歯周病が進行すると歯肉が退縮、顎骨の減少により歯を失ってしまうことになります。
早期発見、早期治療で進行を止めましょう。私たちが大切な歯をがっちりガードします。

歯周病セルフチェック

右の項目で当てはまることがありますか?
チェックしてみてください。
右の項目で2つ以上チェックが付いた方は歯周病の可能性が高いのでご相談ください。

お問い合わせはこちら

  • □ 口臭が気になる。
  • □ 歯を磨くと歯ぐきから血が出る。
  • □ 唾液がネバネバする。
  • □ 最近、歯が長くなった様に見える。
  • □ 歯ぐきが赤い。
  • □ 歯と歯の間に食べ物が挟まりやすい。
  • □ 歯ぐきを押すと柔らかく、痛みもある。
  • □ 冷たいものはしみるので口にしない。
  • □ 歯ぐきから膿が出ることがある。
  • □ 歯がグラグラする。

歯周病を予防して一生自分の歯で生きる

歯周病は、歯を支える骨が溶けてしまう病気です。気づかずどんどん進行している場合もあります。
定期的にチェックを受け、早期治療をおすすめします。中・高年だけではなく、若年者にも増加傾向にあります。
20歳を過ぎたら、まず歯周病検査を受けましょう。
近年の研究では、歯周病が糖尿病等の成人病を悪化させる要因(リスクファクター)であるといわれています。
当院では一本でも多く残せるよう、また長く使えるように予防に重点をおいた歯周治療システムを取り入れています。

歯周治療の流れ

歯周治療の流れ「検査」 (X線写真撮影・口腔内写真撮影・ポケット検査) ※写真1 

※写真2 ※写真3~5

メンテナンス 長期に渡り患者様自身でプラークの無い状態を維持することは難しいことです。そこで、定期的なメンテナンスにより歯周組織の健康を維持することが大切です。

歯周外科手術 歯の根の形態が複雑で、完全に歯石やプラークを除去することが困難な場合は、歯周外科が必要になることもあります。

症例1

症例2